2013年7月アーカイブ

ビタミンKとは何をする働きがあるか

ビタミンKは、出血したときに血液を凝固させて止血に働くビタミンです。

また、カルシウムを骨に沈着させるため、骨の健康のためにも欠かせません。骨粗しょう症の治療にも使われています。

これが不足すると、止血しにくくなり、骨が弱くなるのです。

出血しても血が止まりにくくなり、青あざができやすくなったり、鼻血が出やすくなります。新生児はとくにビタミンKが不足しがちで、まれに脳出血を起こすケースがあります。

また、骨がもろくなることもあります。

カルシウム食品といっしょに摂りましょう。

青菜類に多く含まれるビタミンです。それ以上におすすめなのは納豆です。納豆菌によってビタミンKがつくリだされているからです。

カルシウムの沈着を助ける働きがあるので、いっしょにとるとよリ効果的です。また、熱に比較的強く、脂溶性のため、脂質とともにとると吸収率が高まります。

しかしそれにしても、納豆ってやつは万能君ですね。スゴイ健康食です。あらゆる要素が入っていて、それだけで生きていけるような気さえします(^-^)


トルコで葬儀に参列する際の服装など

トルコでは、訃報を聞いたら、まず家族を慰めるために故人の自宅に向かいます。

お香典など準備するものはありません。葬列に参加する場合でも、服は派手でなければどんな服装でもよく、別に黒でなくてもいいです。

お化粧はして行かないほうが一般的です。また、女性はお祈りをするときは髪を覆わなければなりません。

家族のだれかが亡くなった場合、悲しんでいる人に家事のことまで考えさせないように、食事は近所に住む人が用意します。ですから遺族は家事をしないそうです。

家族を亡くした人に会ったときは「バシュヌズサアオルスン」と言います。これは「あなたが元気で生き続けられますように」という意味です。

しかし亡くなって1週間以上経ったら、もう言わないほうがよいとのことです。また思い出させてしまいますので・・

日本の「香典」にあたるものはないそうです。トルコ人にとってプレゼントは楽しいものなのです。もし必要なら、岡能な限り経済支援をし続けます。

トルコでは伝統として貧しい人がいたら、他人に知らせないで(自慢するのはよくない)、お金をあげ続けるんだそうです。


不動産投資のメリットとデメリットを整理

ここで不動産投資のメリットとデメリットについて整理しておきましょう。

メリットだけでなくデメリットも理解しておけば、将来起こり得るリスクに対処することもできるようになるので、しっかり学んでおきましょう。

まず不動産投資のメリットです。

レバレッジを効かせた投資ができる・・基本的に不動産投資は、すべて自己資金で投資されることはほとんどないです。多少の差はあれど、その多くがローンを利用しレバレッジを効かせた形で投資が行なわれるものです。

この「レバレッジ」とは「テコの原理を利用すること」で小さな力(資本)で大きな物(資金)を動かすということです。たとえば、自己資金500万円、ローン2500万円で3000万円のアパートを購入するとしましょう。

仮にこの投資で得られた運用益が200万円だったとすれば、自己資金に対する運用利回りは40%ということになる。この500万円を定期預金に預けていても利息が40%もつくという商品はないです。

これがレバレッジ効果の魅力なのです。

不動産投資ロケット戦略

でも空室リスクというデメリットがあります・・不動産投資の収入源は家賃収入です。家賃は入居者がいてこそ入ってくるものだから、いかに稼働率を高められるかが重要になります。

どんなに人気のある物件でも入退去があれば必ず空室が発生するものです。

そのため一定の空室を予測し収支計画に織り込んでおかなければならず、大家さん自らも空室対策を身につけ、つねに高稼働を維持できるよう努めなければならないわけです。


ウエイターに手渡されたメニューを上から下まで眺めて、「さて、何を注文しようかな?」。

そこで迷うのが、とりあえず彼におまかせしちゃうのがいいか、断固、自分の食べたいものは主張するのがいいのか、ということ・・

彼にとって馴染みのレストランだったら、彼には「彼女にこれを食べさせたい、彼女なら、きっとこの料理を気に入ってくれるはずだ」という思いがあるはず。

この場合、「私は・・」と食べたいものを主張してしまったら、彼は興ざめ。雰囲気もシラけ会話も弾まないなんてことになりそう。「このレストラン、何がおいしいのかしら?」とまず、彼の思惑を探りましょう。彼におすすめメニューがあれば、それをいただくのがベスト。

どちらも初めてのレストランだったら、食べたいものを主張してもかまいませんが、彼がメニュー選びに迷っている様子が見てとれたら、「このお料理、香辛料が利いていてけっこういけるのよ」など、あなたが知っている料理についての情報を提供してはいかが?

もちろん、知ったかぶりにならない程度のさりげなさで、というのが条件です。


テーブルに置かれたナプキンを席に着くなり膝の上に広げたりしていませんか?

これでは「さあ、準備できたわよ、いつでもお料理、持ってらっしゃい」と暗に語っているようで、せっかちの膀りは免れません。広げるベストタイミングは料理がサービスされる直前とされていますが、少なくとも、彼が広げるのを待つこと。彼は今宵のホスト、ホストより先にナプキンを広げるのはタブーです。

ナプキンは膝をおおうように一枚にしてかけずに、3分の1ほどを折り返し、山を手前にして広げます。口元を拭うときは折り返した部分の裏側で。裏側を使えば汚れは隠れますし、ドレスについてしまうということもありません。

ナプキン使いは、テーブルマナーではどこか番外と考えられがちですが、だからこそ、ステキにこなせば、いい女度は確実アップです。


どの段階のものを「ハマチ」と呼ぶのか、厳密な定義はありませんが、一般に40~60cm程度の大きさの養殖ものをさして「ハマチ」とすることが多いようです。

風味は天然ものにかなわないとされるものの、むしろ脂はブリよりしっかりのっているのが特徴です。

濃厚な味わいで、栄養的にはブリとほとんど変わりがありません。しかも天然ものに比べて安価で入手しやすいということもあり、たいへん人気があります。

冬が旬とされるブリに対して、ハマチは夏のほうがおいしいようです。

さっぱり食べたいときは、薄切りにして、昆布だしの中でしゃぶしゃぶ風にしましょう。オリーブ油、塩、コショウ、レモン汁をかけて、カルパッチョにしてもおいしく食べられます。

また、意外と合うのがアボカドとの組み合わせだそうです。

ハマチの刺身とアボカドを和え、だし醤油で味付けしただけで、コクのある一品に変身します。

あー想像しただけでヨダレが出そうです。日本酒か白ワインに合いそうですね♪

食の探求心は尽きることがありません。

いろんな組み合わせで楽しむのが料理の良いところですね・・


日本の過去の成長と中国の成長

日本は1957~1972年度の高度経済成長期にGDP成長率が平均9.5%と飛躍的に伸びた結果、円の価値が上がり、1973年に変動相場制に移行しました。

そのころの日本と同じような状況だといわれているのが、近年、高いGDP成長率を維持している中国です。

中国はかつて、人民元の為替レートを1ドル=8.28元とする固定相場制でした。このようにドルと自国通貨をリンクさせ、為替レートを固定させることを「ドルペッグ制」といいます。

その後、2005年7月21日に市場介入によって変動幅を一定範囲内に抑える「管理変動相場制」に移行したのです。それまでよりも約2%切り上げた1ドル=8.11元を当初の基準値とし、変動幅をそのレートの上下0.3%内に抑えるシステムになりました。

新しい基準値は毎日、中央銀行である中国人民銀行から公表されます。

同時に、ドルやユーロなど主要通貨の「通貨バスケット」も参考指標として導入しています。通貨バスケットとは、複数の主要通拘で構成するバスケット(カゴ)から算出したレートに自国通貨を連動させるシステムのことです。

中国は貿易など自国との関係の深さに応じて各通貨の比重を決めてバスケットをつくっています。

FXや株が好きな人は「知ってるよそんなこと・・」というお話だったかもしれませんね。


ビタミンAの特徴とは

ビタミンAは、のど、鼻、胃腸などの粘膜を健康に保ってくれるのでとても大切な栄養素の一つです。

視力を維持し、成長にも欠かせません。13-力ロテンには抗酸化作用があり、抗がん作用や「アンチエイジング効果」で注目されています。

免疫力の低下や夜盲症に効きます。

粘膜の乾燥などがおこって免疫力が低下し、かぜや肺炎にかかりやすくなります。目の健康に大きくかかわるためドライアイや視力低下の可能性もあります。

乾燥肌になりやすくなり、成長期の場合は成長障害をおこすこともあります。

野菜は油を使った調理がいいでしょう。

ビタミンAは脂溶性ビタミンのため、脂質といっしょにとると体内で吸収されやすくなります。野菜類に含まれるカロテンは吸収されにくいので、サラダやソテーなどの油を使った調埋がおすすめです。

動物性食品に含まれるレチノールと植物性食品に含まれるカロテンとが、ほぼ同量になるようにとるのが理想的です。

ビタミンAは、緑黄色野菜やウナギなどに豊富に含まれています。


参院選でねじれ国会解消して

いよいよ参議院選挙ですね。

やはく参院選でねじれ国会解消してほしいものです。特に民主党のいやらしさには、もううんざりです。この間の国会だってそれなりの重要法案があったのに通りませんでしたよね。

たしかに、二院制は政策の暴走にブレーキをかけられる役割がありますが、民主党のような稚拙な集団が相手だと、ただ単に国会がメチャクチャになって法案が通らない・・何も進まない・・

本当にイライラします。しかも政策が売国的で、本当に日本人全体のことを考えているんだろうか?・・というやり方ばかりでした。

もう二度と民主党には選挙で票を入れません。

ただし、もちろん自民党がまた独裁を続けて腐ってしまう可能性もありますので、その時は「みんなの党」や維新に入れることになると思います。

でも、みんなも維新も小さすぎて頼りないし、ブレるんですよね。

とにかく今しばらくは、安倍政権自民党に託して、みんなで頑張って日本を盛り上げていきましょうね!


カテゴリ