ビタミンAの特徴とは

ビタミンAは、のど、鼻、胃腸などの粘膜を健康に保ってくれるのでとても大切な栄養素の一つです。

視力を維持し、成長にも欠かせません。13-力ロテンには抗酸化作用があり、抗がん作用や「アンチエイジング効果」で注目されています。

免疫力の低下や夜盲症に効きます。

粘膜の乾燥などがおこって免疫力が低下し、かぜや肺炎にかかりやすくなります。目の健康に大きくかかわるためドライアイや視力低下の可能性もあります。

乾燥肌になりやすくなり、成長期の場合は成長障害をおこすこともあります。

野菜は油を使った調理がいいでしょう。

ビタミンAは脂溶性ビタミンのため、脂質といっしょにとると体内で吸収されやすくなります。野菜類に含まれるカロテンは吸収されにくいので、サラダやソテーなどの油を使った調埋がおすすめです。

動物性食品に含まれるレチノールと植物性食品に含まれるカロテンとが、ほぼ同量になるようにとるのが理想的です。

ビタミンAは、緑黄色野菜やウナギなどに豊富に含まれています。


カテゴリ