ビタミンKとは何をする働きがあるか

ビタミンKは、出血したときに血液を凝固させて止血に働くビタミンです。

また、カルシウムを骨に沈着させるため、骨の健康のためにも欠かせません。骨粗しょう症の治療にも使われています。

これが不足すると、止血しにくくなり、骨が弱くなるのです。

出血しても血が止まりにくくなり、青あざができやすくなったり、鼻血が出やすくなります。新生児はとくにビタミンKが不足しがちで、まれに脳出血を起こすケースがあります。

また、骨がもろくなることもあります。

カルシウム食品といっしょに摂りましょう。

青菜類に多く含まれるビタミンです。それ以上におすすめなのは納豆です。納豆菌によってビタミンKがつくリだされているからです。

カルシウムの沈着を助ける働きがあるので、いっしょにとるとよリ効果的です。また、熱に比較的強く、脂溶性のため、脂質とともにとると吸収率が高まります。

しかしそれにしても、納豆ってやつは万能君ですね。スゴイ健康食です。あらゆる要素が入っていて、それだけで生きていけるような気さえします(^-^)


カテゴリ