高血圧の方が季節の適応を上手くする方法

高血圧の方が寒い季節を無難に乗り切るためには、屋内と屋外の温度差をできるだけ少なくすることです。

まず部屋をあたためすぎないようにし、屋内と屋外との温度差を、今よりも少なくするよう心がけてください(北海道のような寒冷地域では、事情が異なりますが)。

また、外出するときには、家の中であらかじめコートなどを着てからドアを開けるようにします。そして、できるだけ肌の露出部分を少なくすること。

高血圧下げる「福辻式」 - 値引き!割引!最安値.com

えり元があいていると、コートの下のあたためられた空気が逃げてしまいます。

それに、首筋が冷えると、首の血管が収縮するため、脳への血流が減ります。脳に血液が足りないというのは、生命の危機ですから、体は大あわてで血圧を上げ、脳への血流をふやそうとします。

これはやはり高血圧の人にとっては、危険な状態といわざるをえません。防寒にマフラーは絶対の必需品です。コートは、重いものは血圧を上昇させる原因にもなるので避けましょう。薄手で軽く、保温性のよい素材を選びます。

藤城博の血圧を下げる食事法【藤城式高血圧改善法】

一方、高血圧の方が夏の外出で気をつけたいのは、体の水分不足です。それが進んで脱水症状を起こすと、血液がドロドロに濃くなり、詰まりやすくなります。外を歩いて汗をかいたら、こまめに水分を補給しましょう。


カテゴリ