通貨の需給がFX相場を動かす

金融商品の相場価格は、その市場での"需給"に基づき決定されます。

外国為替の場合は、交換する両通貨のうちFX市場でどちらの買い需要が比較的強いか(あるいは売り需要が比較的強いか)に応じて、交換比率としての為替相場が変動する。

たとえば、日本から米国へ自動車や電気製品の輸出が増えると、日本の輸出企業が受け取る米ドルを円に両替する額が増えます。米ドルのままでは、国内の仕入先への買掛金や従業員への人件費の支払い、国内での設備投資支出などに充当できないからです。

輸出増加に伴い、日本国内では使えない米ドルが日本企業に流入することで、米ドルの売り需要および円の買い需要が高まるわけです。

このときFX市場では、日本の輸出企業の米ドル売り・円買いが活発化するため、米ドル安・円高の要因となるのです。

TAMURA式ワンミニFX

そして、国をまたぐ投資マネーの流れも、FX相場を大きく左右します。たとえば、日本の年金基金が米国株への投資を行う場合、彼ら日本の年金加入者から預かっているのが円資金であるに対し、投資対象の米国株はもちろん米ドル建てです。

その購入資金として必要な米ドル通貨を、手元の円と両替することにより補わなければならないです。

日本からの円ベースの投資マネーが、米国へ流人することや米ドル建てでの投資を実行することに伴い、FXでは円の売り需要および米ドルの買い需要が高まるのです。

このとき日本の年金基金からの米ドル買い・円売りを受けて、FX市場では米ドル高・円安へのインパクトが強くなります。

渡秀明の【FXトレンドレーダー】解説ホームページ

以上のように、国をまたぐ商取引や投資活動に伴い、対象国の通貨が互いに異なることから、一方の国の通貨は買われ、他方の国の通貨は売られることとなります。

FX相場は、当該2カ国の通貨への相対的な需給が決定します。


カテゴリ