美容と健康の最近のブログ記事

高血圧の方が季節の適応を上手くする方法

高血圧の方が寒い季節を無難に乗り切るためには、屋内と屋外の温度差をできるだけ少なくすることです。

まず部屋をあたためすぎないようにし、屋内と屋外との温度差を、今よりも少なくするよう心がけてください(北海道のような寒冷地域では、事情が異なりますが)。

また、外出するときには、家の中であらかじめコートなどを着てからドアを開けるようにします。そして、できるだけ肌の露出部分を少なくすること。

高血圧下げる「福辻式」 - 値引き!割引!最安値.com

えり元があいていると、コートの下のあたためられた空気が逃げてしまいます。

それに、首筋が冷えると、首の血管が収縮するため、脳への血流が減ります。脳に血液が足りないというのは、生命の危機ですから、体は大あわてで血圧を上げ、脳への血流をふやそうとします。

これはやはり高血圧の人にとっては、危険な状態といわざるをえません。防寒にマフラーは絶対の必需品です。コートは、重いものは血圧を上昇させる原因にもなるので避けましょう。薄手で軽く、保温性のよい素材を選びます。

藤城博の血圧を下げる食事法【藤城式高血圧改善法】

一方、高血圧の方が夏の外出で気をつけたいのは、体の水分不足です。それが進んで脱水症状を起こすと、血液がドロドロに濃くなり、詰まりやすくなります。外を歩いて汗をかいたら、こまめに水分を補給しましょう。


ビタミンKとは何をする働きがあるか

ビタミンKは、出血したときに血液を凝固させて止血に働くビタミンです。

また、カルシウムを骨に沈着させるため、骨の健康のためにも欠かせません。骨粗しょう症の治療にも使われています。

これが不足すると、止血しにくくなり、骨が弱くなるのです。

出血しても血が止まりにくくなり、青あざができやすくなったり、鼻血が出やすくなります。新生児はとくにビタミンKが不足しがちで、まれに脳出血を起こすケースがあります。

また、骨がもろくなることもあります。

カルシウム食品といっしょに摂りましょう。

青菜類に多く含まれるビタミンです。それ以上におすすめなのは納豆です。納豆菌によってビタミンKがつくリだされているからです。

カルシウムの沈着を助ける働きがあるので、いっしょにとるとよリ効果的です。また、熱に比較的強く、脂溶性のため、脂質とともにとると吸収率が高まります。

しかしそれにしても、納豆ってやつは万能君ですね。スゴイ健康食です。あらゆる要素が入っていて、それだけで生きていけるような気さえします(^-^)


ビタミンAの特徴とは

ビタミンAは、のど、鼻、胃腸などの粘膜を健康に保ってくれるのでとても大切な栄養素の一つです。

視力を維持し、成長にも欠かせません。13-力ロテンには抗酸化作用があり、抗がん作用や「アンチエイジング効果」で注目されています。

免疫力の低下や夜盲症に効きます。

粘膜の乾燥などがおこって免疫力が低下し、かぜや肺炎にかかりやすくなります。目の健康に大きくかかわるためドライアイや視力低下の可能性もあります。

乾燥肌になりやすくなり、成長期の場合は成長障害をおこすこともあります。

野菜は油を使った調理がいいでしょう。

ビタミンAは脂溶性ビタミンのため、脂質といっしょにとると体内で吸収されやすくなります。野菜類に含まれるカロテンは吸収されにくいので、サラダやソテーなどの油を使った調埋がおすすめです。

動物性食品に含まれるレチノールと植物性食品に含まれるカロテンとが、ほぼ同量になるようにとるのが理想的です。

ビタミンAは、緑黄色野菜やウナギなどに豊富に含まれています。


カテゴリ