文化とスポーツの最近のブログ記事

英文を聞いて「なるほど」と思えたり、あまりの簡単さに驚かされたりすることがよくあります。

だからと言って、スピーキングの際にそういう表現がパッと思いつくかといったら、それはまた別のようです。

聞いて理解できるということは、それが知識として脳にあることの証明になりますが、必要な時に必要な情報を取り出すことができないということは、後で取り出しやすいように記憶されていないということになります。

簡単に言うと、単語や構文を記憶する際に、「日本語=英語」という文字で記憶しているために使える幅が狭くなり、その文字に合致する表現が使われていない限り、脳はその知識を無視してしまうのです。ところが、「こんなニュアンスの日本語≒この英語」と大体のイメージでインプットしておくと、文字で覚えた時と比べて必要な時に必要な情報が取り出しやすくなり
ます。

 英語トレーニング教材【酒井式 Simple English / Magic81】

たとえば、くwant A to 動詞の原形〉を「Aに対する願いについて使う構文」というイメージで覚えておけば、「早く夏が来ないかなあ」という文を英語にする際に、これを用いてl want summer to come soon.と簡単に表現することができます。

しかし、この構文を「Aに~して欲しいと思う」と文字で覚えておくと、「早く夏が来ないかなあ」という日本文に「~して欲しい」が含まれていないだけでなく、「来ない」という否定詰にも惑わされて、この表現にこの構文は使えないと思ってしまうのです。

応用の幅をグッと広げるためにも日常よくでてくる構文などは、「文字」で学んだ意味を自分の中で「イメージ」に変えてからインプットしておくと、様々な状況で使いやすくなり、同時にネイティブらしい表現ができるようになります。


イスラエルのスポーツとお酒

イスラエルではサッカー、バスケットボールが人気のようです。

サッカーのリーグ戦を観戦に行くときは、スタンドで座る側のチームカラーに注意することだそうです。例えば黄色をシンボルカラーにしているチームのスタンドに赤色(特に敵方の色)の服では入らないほうがよいとのことです。

なお、サッカーにしてもバスケットにしても、ビッグゲームの際には、周辺道路が大渋滞するので、巻き込まれないように日程に注意しておくことが必要です。

お酒は、夕食の席などでビールやワインが普通に飲まれていますが、飲みすぎてぐでんぐでんに酔っぱらったり、眠りこけている人は全くといっていいほど見かけません。

また、ビールは男性の飲み物という見方も強く、女性が「私、ビール大好き」などと声を大にして言うと、時に冷ややかな視線を感じたりするそうです。

ワインは、イスラエル産で値段が手ごろなものが数多くあります。

また、一般のパーティーは、にぎやかでエネルギッシュなものが多く、たいていはディスコ調で踊りまくっています。女性の服装は、肌を露出したものが多く、かなりセクシーです。ただし、アルコールを飲みすぎて、へべれけになっている姿はほとんど見かけないので要注意だそうです。

この辺は信仰心からくるんでしょうかね。

YOSHIの英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】

ちなみにイスラエルは英語がけっこう通じるようです。

 


トルコで葬儀に参列する際の服装など

トルコでは、訃報を聞いたら、まず家族を慰めるために故人の自宅に向かいます。

お香典など準備するものはありません。葬列に参加する場合でも、服は派手でなければどんな服装でもよく、別に黒でなくてもいいです。

お化粧はして行かないほうが一般的です。また、女性はお祈りをするときは髪を覆わなければなりません。

家族のだれかが亡くなった場合、悲しんでいる人に家事のことまで考えさせないように、食事は近所に住む人が用意します。ですから遺族は家事をしないそうです。

家族を亡くした人に会ったときは「バシュヌズサアオルスン」と言います。これは「あなたが元気で生き続けられますように」という意味です。

しかし亡くなって1週間以上経ったら、もう言わないほうがよいとのことです。また思い出させてしまいますので・・

日本の「香典」にあたるものはないそうです。トルコ人にとってプレゼントは楽しいものなのです。もし必要なら、岡能な限り経済支援をし続けます。

トルコでは伝統として貧しい人がいたら、他人に知らせないで(自慢するのはよくない)、お金をあげ続けるんだそうです。


ウエイターに手渡されたメニューを上から下まで眺めて、「さて、何を注文しようかな?」。

そこで迷うのが、とりあえず彼におまかせしちゃうのがいいか、断固、自分の食べたいものは主張するのがいいのか、ということ・・

彼にとって馴染みのレストランだったら、彼には「彼女にこれを食べさせたい、彼女なら、きっとこの料理を気に入ってくれるはずだ」という思いがあるはず。

この場合、「私は・・」と食べたいものを主張してしまったら、彼は興ざめ。雰囲気もシラけ会話も弾まないなんてことになりそう。「このレストラン、何がおいしいのかしら?」とまず、彼の思惑を探りましょう。彼におすすめメニューがあれば、それをいただくのがベスト。

どちらも初めてのレストランだったら、食べたいものを主張してもかまいませんが、彼がメニュー選びに迷っている様子が見てとれたら、「このお料理、香辛料が利いていてけっこういけるのよ」など、あなたが知っている料理についての情報を提供してはいかが?

もちろん、知ったかぶりにならない程度のさりげなさで、というのが条件です。


テーブルに置かれたナプキンを席に着くなり膝の上に広げたりしていませんか?

これでは「さあ、準備できたわよ、いつでもお料理、持ってらっしゃい」と暗に語っているようで、せっかちの膀りは免れません。広げるベストタイミングは料理がサービスされる直前とされていますが、少なくとも、彼が広げるのを待つこと。彼は今宵のホスト、ホストより先にナプキンを広げるのはタブーです。

ナプキンは膝をおおうように一枚にしてかけずに、3分の1ほどを折り返し、山を手前にして広げます。口元を拭うときは折り返した部分の裏側で。裏側を使えば汚れは隠れますし、ドレスについてしまうということもありません。

ナプキン使いは、テーブルマナーではどこか番外と考えられがちですが、だからこそ、ステキにこなせば、いい女度は確実アップです。


どの段階のものを「ハマチ」と呼ぶのか、厳密な定義はありませんが、一般に40~60cm程度の大きさの養殖ものをさして「ハマチ」とすることが多いようです。

風味は天然ものにかなわないとされるものの、むしろ脂はブリよりしっかりのっているのが特徴です。

濃厚な味わいで、栄養的にはブリとほとんど変わりがありません。しかも天然ものに比べて安価で入手しやすいということもあり、たいへん人気があります。

冬が旬とされるブリに対して、ハマチは夏のほうがおいしいようです。

さっぱり食べたいときは、薄切りにして、昆布だしの中でしゃぶしゃぶ風にしましょう。オリーブ油、塩、コショウ、レモン汁をかけて、カルパッチョにしてもおいしく食べられます。

また、意外と合うのがアボカドとの組み合わせだそうです。

ハマチの刺身とアボカドを和え、だし醤油で味付けしただけで、コクのある一品に変身します。

あー想像しただけでヨダレが出そうです。日本酒か白ワインに合いそうですね♪

食の探求心は尽きることがありません。

いろんな組み合わせで楽しむのが料理の良いところですね・・


カテゴリ